ハロウィン

ハロウィン

10月のイベントといえば、10月31日に開催される「ハロウィン」ですね。
近年、季節イベントとして定着していますが、新型コロナウイルスの影響もあって今年はどうなるんでしょう。
ハロウィンパーティを彩るために、プリザーブドフラワーはピッタリといえます。
「かぼちゃ」や「ハロウィン色」を使ったプリザーブドフラワーで、イベントに花を添えてどうですか。

2021年のハロウィンは
終了いたしました。

ハロウィンとは?

ハロウィン
ハロウィン
ハロウィンは日本だと「仮装する日」みたいなイメージを持たれている方が多いですが、
ハロウィン本来の意味や由来をご存じない方も多いのではないでしょうか。
起源は、2000年以上昔のケルト民族と呼ばれる古代ヨーロッパに広く居住していた民族の祭りのことであるといわれています。
古代ケルトでは、1年のこの時期には死後の世界との扉が開き、先祖の霊だけではなく、悪魔や魔女、さまよう魂などの悪霊もやってきて秋の収穫を荒らすと考えられてきました。
11月1日が新年とされていた古代ケルトでは、その前日の10月31日の夜、その悪霊を追い払うために、秋の収穫物を集め、盛大なお祭りである収穫祭が開かれていたのがハロウィンの始まりといわれています。

ハロウィンで仮装するワケ

ハロウィンになると先祖の霊と一緒に悪霊もやってくるので、仮装をして悪霊を怖がらせて追い払うのが習わしになっています。
また、悪霊と同化することによって、悪霊がもたらす災いを遠ざけるという理由もあるようです。
日本ではハロウィンイベントで仮装パーティなどが行われ、個性豊かな仮装を楽しむ日になっています。

ハロウィンにかぼちゃを飾る

目と口と鼻をくり抜いて、中にキャンドルを灯したかぼちゃのランタンといえば「ハロウィン」のイメージ。
実はこのかぼちゃのランタンには、「ジャック・オー・ランタン」というちゃんとした名前があります。
いろんな呼び方があって「ジャック・ランタン」「ジャッコ・ランタン」と「オー」を略するのが聞きなれているかもしれません。
元来、ヨーロッパではカブを使ってランタンを作るという設定でしたが、アメリカにハロウィンが伝わってからかぼちゃに変わったそうです。
「ジャック・オー・ランタン」は、日本でいう鬼火のような存在で、部屋の窓辺などに飾ると魔除けの役割を果たすと伝えられています。

ハロウィン限定商品

敬老の日限定|おじいちゃん&おばあちゃん
ハロウィン
カボチャ風の器に入ったプリザーブドフラワーアレジメントなど、
他のかぼちゃのアイテムと併せて飾り付けも楽しめるのがハロウィンです。
「オレンジ」「イエロー」「パープル」「ブラック」などのプリザーブドフラワーを組み合わせることで、
ハロウィンがよりいっそう素敵なイベントになりますよ。

ハロウィンにオススメの
プリザーブドフラワー

HALLOWEEN

敬老の日限定|おじいちゃん

セロンドーム

¥5,000
お部屋のインテリアに人気です
敬老の日限定|おばあちゃん

ウェルカムボード

¥5,500
イベントなどのウェルカムボードに
ハロウィンミニアレンジ

ハロウィンミニアレンジ

¥2,300
ハロウィンのちょっとした飾りつけに
エチュード ワイン

エチュード ワイン

¥13,000
スタンドを使えば立てかけもOK
リース 25cmダーク

リース 25cmダーク

¥9,400
壁掛け用のインテリアにオススメ!
プティローズ5輪アレンジ

プティローズ5輪アレンジ

¥18,000
部屋を素敵な空間にしてくれるアレンジ